忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 20:16 】 |
悲劇のロマンをかきたてる?
2006年2月の「現代画報」に「チュニジア共和国 カルタゴ遺跡」という記事
がありました。

カルタゴ、と言えば中・高校の歴史の教科書で、「象のハンニバル」という将軍
が有名ですよね。

第二次ポエニ戦争で、なんと37頭の象を率いてアルプスを越え、イタリア半島
へ侵入を試みたエピソードはあまりにも有名。

彼の戦術家としての手腕にたいする評価は非常に高く、なんと2000年を経た
現在でも、色々な国の軍隊組織から参考にされるほどなどだそうです。

教科書的に有名なのはポエニ戦争ですが、文学の世界では、ローマの著述家ヴェ
ルギリウス(ヴァージル)の「アエネイス」も有名です。

カルタゴの女王デイドと、トロイを追われた英雄アエネイスの悲恋が取り上げら
れているのですが、オペラの題材などにもなっています。

アンデルセンの「即興詩人」に主人公のアントニオが歌姫のアヌンチアタを初め
て見るシーンで、アヌンチアタが演じていたのがデイドでした。

また、フローベールの小説「サランボー」は、カルタゴ女神タニッチに仕える巫
女サランボーのお話。青年隊長マトーはサランボーに恋しますが、これもまた最
後にマトーが死んでしまうといういう悲劇で、映画にもなりました。

カルタゴは、作家たちに、激しく、悲しい恋のロマンを予想させるイメージをも
っているのかも知れませんね。







外壁塗装
PR
【2011/03/30 09:47 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ガソリン税など今の税金の見直しは? | ホーム | これからの決算発表会のあり方>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>