忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/22 18:58 】 |
割引
私が利用している店から「誕生日祝い」という名目で割引券が送られてきます。

化粧品店、クリーニング店、スーパーなど・・・。
対象外の商品もありますが、割引とは嬉しい話なので利用しようかなと思っています。

私が利用しているお店からの割引はだいたいが「30パーセントオフ」
なんです。大きいですよね。

それでふと思い出したのですが、私の知人のほとんどが子供を持っている人
ばかりです。子供が熱を出したり、ちょっと異変があると病院へ行きます。
ところが、私を含み知人のほとんどが「自分達が子供と同じような異変があったり
熱を出しても病院へは行かない」んです。インフルエンザなどの場合は別ですが・・・。


理由は「子供を連れて自分の診察へは行けない」というのもあるんですが
大きな理由は「お金がもったいない」なんです。
ですから、短期間で完治するだろう病気も意外と時間がかかってしまいます。
医療費は本当に続くと大きな金額になってしまうので、それだけで「食費を削らないと」

「子供に服を買ってあげる予定だったけど、買えなくなってしまった」と悔いるんですよ。

現在、私は眼科に通院しています。「目ばちこ」になったのですが、「医療費がもったいない」
の理由で半月ほどほったらかしにしているととんでもなく上まぶたが腫れてしまい
医者からは「どうしてここまでほったらかしにしていたんですか」と言われた程・・・。

「次はいつ来てください」「次は来週来てください」と言われるたびに「まだ続くのか・・・」
と落ち込んで帰ってきます。治療費を見るたびに「高い・・・」と余計に落ち込んで
しまいます。

そこで誕生月だけでも「医療費30パーセント」というような感じで、医療費が安くなって

くれたらいいと思いませんか?
その際に思い切って病院で治療してもらえたら、自分の体もすっきりしますよね。
もちろん、その時に健康診断を受けてもいいと思いませんか?
自覚がなくても調べてみたらこんな事がわかった・・・ということもあるかもしれません。
子供をもつお母さん達は、自分の誕生月を狙って「今のうちに行っておこう」となるかも
しれません。

お母さんが健康であるからこそ、子供達が元気に過ごせるんだ・・・と思います。
いつまでも健康で笑顔の耐えない、母親になりたいものですね・・・。



近くに携帯 電話 中古 買取ショップがあるカフェで久しぶりに会いたいという内容でした。
今の状況だけではなく、今後の生活環境の変化も考慮して選ばないといけないのだと気づかされたそうです。
私が見たものは、フラット35について書かれていたサイトで、固定金利で借りれるので、一度問い合わせてみたいと思いました。
加えて友人は異業種交流会に携わる仕事をしている為、色々なところに顔を出すことが多いようです。
『Command Magazine』の創刊は1989年で、もともとアメリカのXTR社が発行していましたが、現在は日本語版のみが株式会社国際通信社から発行されています。
インターネットを使えば全国各地の物件情報も調べる事が出来るらしく、友人は部屋探しをしてみたようです。
他にも、国際ジャーナル 時事にある場所で、訪問した事もあるらしく、知人を尋ねる為に大阪へ行った際には一緒に企業を回ったそうです。
その時計を買ったお店ではその時計をつけてテニスをしている紳士のポスターが貼られていたそうなのです
以前に作成したサイトを紹介して貰った事があるのですが、そのサイトは美容に関する情報が集められたサイトでした。
また、カウンセリングを行う事により、矯正に関する不安をぬぐう処置などもしているようです。
PR
【2011/10/07 09:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ルパン三世が16年ぶりに声優変更 | ホーム | チュートリアル福田さんが道路交通法違反>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>