忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 09:33 】 |
半ドンの土曜日
ネットニュースで、ゆとり世代の就職活動が来年度もさらに厳しくなるという記事を読みました。不況だからそりゃそうだろうと思うのですが、やはり気になるのは、「ゆとり世代」というところ。2010年卒にゆとり世代を感じた人事担当者は5割を越えたと言うから驚きです。5割ってすごい
よね?顕著な違いというか、特徴がないとここまでハッキリと違いを感じないですよね?どこら辺が「ゆとり世代」なのか。「親への依存とそれに応える親の過保護」「覇気、ハングリー精神がない」「義務は果たさなくても主張だけはする」という意見があるそうな。
以前、国際ジャーナルで「ゆとり教育がもたらしたゆがみ」について特集を組んでいました。触りを読んでびっくりしたのが「足かけ30年にわたってゆとり教育が行なわれてきた」というところ。30年、我が身を振り返ったけれど、まだまだ偏差値至上主義がまかり通っていたことを思い出すので、一体どこら辺から始まっていたのか、実体験としてはちょっと分かりません。私立高校に通っていたから、国の方針をモロに被ることはなかったのかも。
調べてて、ああ!と思ったのは週休二日制の導入です。ゆとり教育を実感するといえば、ズバリこれでしょう。なんで土曜日を無くしちゃったんだろうと思います。単純に、子どもってヤツは「いつも退屈している」のです。というか、「楽しい!」か「退屈~」のどちらかしかない。「ボーッとしていたい」子どもなんて基本的に居ないのです。毎土曜日出かけるわけじゃないんだし、学校に行った方がいいんじゃない?と思う。極論ですかね。
個人的には、半ドンの土曜日の雰囲気が大好きだったなあと、大人になった今でも思います。ぺこぺこのお腹を抱えて「日曜日は何をしよう?」「お昼ご飯は何を作ってくれてるのかな?」とウキウキした気分で家路を急いだあの土曜日。自分の子どもにも体験させてやりたいような気がします。




また、その方はとても綺麗な爪をしており、人気のネイルサロン 大阪に通ってネイルケアをしているらしく、友人もその方にネイルサロンの話を聞いてから、初めてネイルケアの利用を考えたと話していました。
スクール内に通う方に普段はどのような施設を利用するのか訪ねた所、その方はよく利用すると話していたそうです。
株式会社報道通信社は、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。
友人の荷物の中にニコン D7000 ボディがあったので何が写っているのか尋ねると、 先月行ったというベトナム旅行の思い出と、 沢山の種類のカーテンが写っているのを見せてくれました。
現在ではこちらの方に居住を移し、インターネットで物件検索 大阪を行うサイトを運営する会社に勤めているそうです。
旅行先からの手紙以外にも、GF2-Kで撮った写真も届いていました。
近くにいらっしゃったサラリーマン層と思われる方たちは報道通信社 異業種ネットについて話し合っていました。
今では取引先の方も老後のためにご一緒に財形貯蓄を始められているとも仰っていました。
昔通っていた学校は、講義の開始時間の関係で桜 香りがしていました
家事を含めた家の仕事は全般を任されているようで、今夜の夕食は根昆布を使った料理をするそうです。
PR
【2011/10/31 17:49 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<旨し国 | ホーム | 日本の国際化と英語の勉強について考える>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>